子供に空手を習わせるとどう成長するのか。実際に小学校6年間習った体験記。

豆知識

子供に何か習わせたいけど、何がいいか分からないなー

心技体が鍛えられる空手がオススメよ!!

子供に空手を習わせるかどうか迷ってる方に、実際に小学校6年間習ってきた体験から、メリットとデメリットをお伝えします。子供に空手をやらせるとどう成長するのか。

メリット

・痛みを知れる

空手には、組手と型の2種類があります。

中でも、組手は1対1で試合をするものがあります。

実際に殴り合ったり、蹴り合いをする形です。

勿論防具をつけて行いますが、痛みを感じる事になります。

そうする事によって、日常生活で、相手を思いやる気持ちが生まれると思います。

また、僕自身も日常生活で技を使った事は今までありませんでした。

・礼義が身につく

私が通っていた、道場では、まず、練習の前に、正座をし、道訓を読み上げます。道訓とは、その道場ごとに大事にしている道徳のようなものと思って頂いて構いません。

心技体を極めるというのが空手です。

礼儀も大事にされています。

また、年齢が離れている人達の中で、練習する為、学校では教えてくれない事も身につくと思います。

・競争心を引き出せる

空手には何級や何段のように、成長度合いによって帯の色が異なります。

このように明確な目標を持ち、物事に挑戦する意欲を引き出せますし、大会などが開かれ、個人競技での競争心を引き出す事も可能だと考えられます。

・団結力が身につく

空手の大会で、団体戦というものがあります。

3人1組になり、他の道場の人達と戦って行くのですが、勝っていく過程で団結力が身につくと思います。

組手で競い、3人のうち2人以上勝てばそのチームの勝ちという様に、自分一人だけが勝てば良いのではなく、チームとして勝たなければいけないので、チーム内で団結が生まれると思います。

実際に、団体戦で決勝でもう少しで勝てたのに負けてしまった事がありましたが、その時はチームメイト全員が号泣してました。

・達成感を味わえる

やはり、成長するたびに、帯の色が変わったり、大会で勝っていく事で、達成感と自信が身につきやすいと思います。

デメリット

・痛い

どうしても組手での怪我や、痛みなどは伴ってきてしまう為、痛いのが苦手なお子さんなどには向かないと思います。

・恐怖心

一度、怪我などしてしまったりすると、次の組手でどうしても恐怖心が出てきてしまいます。

・自由が許されない

基本的に団体行動なので、一人だけ自由にとはなかなか行かないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました