シリカゲル法で、ドライフラワーを作ってみた!!自宅でドライフラワー!!

農家めし

 

ドライフラワーって、長持ちするし、綺麗なものも多いよね。

そうよね、花屋さんでも最近良く見かけるし、

部屋に飾ればオシャレよね。

でも、花屋で見かけるドライフラワーは値段がお高めだし、

種類もまだまだ少なくて、自分好みのものが中々見つからないなー

そうよね、でも、今では自分で簡単にドライフラワーが

出来るのよ!自分好みのドライフラワーを作って見ましょう。

 

 

 

ドライフラワーにする方法

・ハンギング(自然乾燥法)

吊るしてドライにする方法。自然乾燥させるやり方です。簡単にドライフラワーにすることが出来ます。

【やり方】

1.お花をしばり、風通しの良い日が直接当たらない場所で吊るす。

2.約1週間から2週間ほどでドライになる.

簡単にドライに出来ますが、花本来の色味が失われてしまいます。

・グリセリン法

グリセリン溶液を使って花材をドライにする方法。

【やり方】

1.グリセリン1:熱湯3の溶液を作り、葉や実をグリセリン溶液に浸す。

2.ホコリが入らないようにラップなどで蓋をして、1週間ほど浸したら取り出し、液を拭き取る。

お花のボリュームを落とさずに生花の鮮やかな色を残しつつドライフラワーにすることができる方法です。

・シリカゲル法

ドライフラワー用のシリカゲルを使い、感想させる方法。

【やり方】

1.花首の2cmほど下でお花をカットする。

2. タッパーやガラス瓶などの密閉容器に1cmほどドライフラワー用シリカゲルを敷き詰め、その上にお花を置く。

3. スプーンなどを使って花の上にシリカゲルを優しく振りかけ、完全に埋める。

4. 密閉容器の蓋を閉め、そのまま1週間置いておく。

綺麗な色のドライフラワーを作りやすいです。

 

今回は、シリカゲル法で実際にドライフラワーを作ります。

シリカゲル法で準備するもの

・ドライフラワー用乾燥剤

・ドライフラワーにしたい素材

・タッパー

・ハサミ・スプーン(必要ならば)

ドライフラワーにする手順

今回はオオイヌノフグリという、道端に咲いている、最も手に入りやすい花を、ドライフラワーにします。

まず、花と茎を分け、花だけにします。

その後、タッパーに花を入れ、花が隠れる程度シリカゲルをかけます。

1、2週間後出来上がり。

作ってみての感想

今回、シリカゲル法でドライフラワーを作りましたが、色味を残したまま、乾燥させることが出来ました。

しかし、シリカゲルが細かすぎて、花びらの間に入り込んでしまい、取り出すのに苦労しました。

全てシリカゲルを取り除くのはかなり労力がいると思いました。

また、このシリカゲルは、フライパンなどで炒めて水気を切れば何回でも活用出来ます。

ぜひ、ご参考に!!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました