排水溝が詰まった!!業者を呼ぶ前に考えるべき事まとめ

豆知識

 

 

排水溝がつまってしまった!色々試してみたけど改善されない、業者を呼ぶべき?


業者を呼ぶ前に考えるべき事って何?


業者を手配したいけど、どこがいい?


 

このような疑問に実際に築5年の我が家のキッチンの排水溝を詰まらせて、某有名企業に排水溝の詰まりを改善してもらいましたが、メチャクチャ料金が高かったので、業者を呼ぶ前に考えれば良かった事をまとめます。

 

上記の内容について詳しくまとめていきたいと思います。

 

詰まってしまった場所は、早急に詰まりを解消しなければいけない場所か

まず、排水溝が詰まってしまい、ウントモスントモいかなくなった時、人はテンパります。

すぐそのトラブルを解決しようとしてしまい、冷静に考えることが難しくなります。

そんなとき、まず最初に考えて欲しいことは、『詰まりを早急に解消しなければいけない場所なのか』です。

何故かというと、時間帯が夜であったり、スピーディーな対応を求める場合、やはり大手企業を選択しがちだからです。

勿論大手企業が悪いわけではありませんが、企業は消費者が知り得ない体制を組んでいますので、その説明をします。

 

 

大手企業に電話

⇨コールセンターに繋がり、症状・詰まった場所・住所・電話番号など聞かれ、手配しますと言われ、電話を切ります

⇨コールセンターが、近くの提携業者に連絡

⇨提携業者が自宅訪問

⇨作業

 

この流れは、大手企業が提携業者に仕事を紹介する形になりますので、提携業者は紹介料を、大手企業に収めます。

さらに、大手企業は、宣伝費をかけていますから、提携業者はかなりの額を収めないといけないと思います。

 

 

・また、企業は排水溝詰まり、〇〇円~と、かなりリーズナブルな値段を掲示していますが、実際はその何倍、何十倍も取られます。

・明確に掲示出来ない理由として、症状に合わせての作業になるので、業者の言い値になりやすいです。

・実際に私の例ですが、キッチンの排水溝つまりの解消に、8万円近く取られ、業者を呼ぶ前にもっと冷静に考えていればと、悔しい思いをしました。

 

なので、業者を依頼する際に緊急性があるかないか考えることが重要です。もしかしたら、自分で直せるかもしれませんし、近くの個人で経営している水道屋さんが営業している時に、相談することも可能です。

 

 

すぐ対処が必要な場合どうしたらいいの?

すぐ対処しなければいけない場合、必ず、複数業者に相見積もりを取りましょう。

そしてその中から安く、評判のよい所に依頼することです。

 

 

 

 

緊急性がない場合、自分自身で解消できる場合もある。

 

緊急性の低い場所の詰まりですと、ホームセンターや、ネット通販にあるもので、自分で詰まりを解消できる場合もあります。

詰まり解消の為の2点紹介します。

 

 

ピーピースルーF

 

こちらは、パイプユニッシュと比べ物にならないぐらい効果があります。

業者がつまり解消の為に一番最初に試す洗浄剤です。

使い方

▼排水口の回りを囲むように、ピーピースルーFをまいていきます。
▼1回の使用量は約150g(600g入り容器の1/4)です。
▼ピーピースルーFはまく時に粉が飛び散らないようにご注意ください。

▼薬品の外側に沿って、40~50℃の温水を静かに注ぎ入れます。
▼温水の量は、約500~600ml(コップ約3~4杯分)です。
▼薬品が残らないように、すべて排水管の中に流し入れてください。
▼軟質のジャバラ管など耐熱性の弱い排水管に使用する場合は、大きめのポリバケツなどにピーピースルーFを溶かし、熱がおさまってから排水管に流し入れてください。

▼そのまま30分~1時間放置した後、バケツ1~2杯(10~20L)の水で流します。
より効果を期待したい場合は、一晩放置してから流してください。

 

パイプクリーナーワイヤー

 

使い方

▼排水管の奥にワイヤーを入れ込みます。

▼排水管の中の異物の所まで入れ込んだら、爪を開いたり、閉じたりして、異物を掻き寄せます。

▼爪で異物を挟み、引き上げます。

液体で詰まりが解消出来ない場合、直接物理的に詰まりを改善出来ます。

この2点の方法で改善されない場合、業者に依頼した方が良いでしょう。

 

 

 

緊急性がないなら、24時間営業の会社や、有名な会社は避けるべき

最後に、緊急性がない場合は、近くの水道屋に依頼した方が良いと思います。

何故かと言うと、やはり24時間対応するコストや、有名になる為の宣伝費などがかかっている為、詰まりの解消にかかる費用は必然的に高くなってしまうからです。

 

Twitter

https://twitter.com/SAKUKOBO1

 

たべチョク

https://www.tabechoku.com/producers/26652/products

コメント

  1. […] こちらのブログで紹介しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました